美容鍼 その2

そもそも 美容鍼灸って?

 

近年の流れとして、健康増進に対する社会的認識が変わってきており、外科的な美容整形ではなく、”身体の中から美しくなる”ことが、美しさを保つ条件の一つとして考えられることになってきました。

 

その考え方が”伝統医学”にあてはまり、伝統医学である漢方や鍼灸が注目され、”美容鍼灸”という言葉が生まれました。

 

伝統医学のい1つである鍼灸は、”気の概念”を中心とした、整体観があります。

 

気の流れがスムースであることが、心と身体のバランスを整えており、それが身体の健康につながる。

 

逆に流れが悪いことは、身体のバランスが悪くなり、不調(病気)になり、肌の調子をも悪くしてしまう。

 

以上のことからも、気の流れをよくすることは、心も体も更には肌にもよくなることであり、いつまでも若々しくいられることにつながります。

 

鍼灸は、この気の流れをよくすることができるので、”美容鍼灸”という言葉が生まれました。

 

ここでツボを紹介

目の周りの眼輪筋があるのですが、この筋肉に刺激をあたえられるツボとして、攅竹(さんちく)があります。

このツボは、眼精疲労にもよく効くつぼです。先日紹介した太陽(たいよう)とあわせて、目の疲れ時に押してみてください。

攅竹出典 アルテミシア

取り方

眉毛の内側で、少しへこんでいるところです。

 

 

ツボに対して、指の指圧でも効果ありますが、鍼灸治療が一番です!!

皆さまのご予約をお待ちしております!!

メニュー はこちらから

予約 はこちらから

 

 

↓ランキング参加中押してね~ m(__)m
にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください